プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2014年

タブレットで電子POPから大型サイネージまで
複数のディスプレーを一括配信管理できるデジタルサイネージサービス
「ホワイトクラウド ビジュアモール クイックサイネージ」を開始~タブレットとクラウドで、デジタルサイネージの導入・運用を簡単かつ低コストで実現~

2014年4月14日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、タブレットとクラウドを活用して、簡単かつ低コストで一括配信管理できるデジタルサイネージサービス「ホワイトクラウド ビジュアモール クイックサイネージ」(以下「クイックサイネージ」)の提供を、2014年4月21日から開始します。

「クイックサイネージ」は、タブレットをデジタルサイネージとして活用することで、簡単かつ低コストで、電子POPから大型サイネージまで複数のディスプレーをクラウド上で一括配信管理できるサービスです。静止画や動画、アニメーション効果、音楽などのマルチメディアコンテンツを、簡単に組み合わせて訴求力の高いデジタルサイネージとして表示することが可能です。さらに、タブレットとHDMIケーブルで接続した外部大型ディスプレーに表示させることもできるため、従来のデジタルサイネージ専用端末に匹敵する、高機能なデジタルサイネージの導入・運用を低コストで実現します。

また、クラウド上の専用管理システムにパソコンからアクセスすることにより、コンテンツの登録・更新や配信スケジュールの作成、配信先グループ・端末設定を管理したり、タブレット向けアプリを操作して拠点独自のテキストメッセージをコンテンツに組み合わせて表示したりすることもできるため、エリアや拠点単位できめ細かく柔軟なサイネージ運用管理が可能となります。初期費用は3万円で、月額料金は5IDで3万4,000円~(いずれも消費税別)と、導入・運用コストを抑えてデジタルサイネージを導入することができ、ペーパーレス化による印刷・配送コストの削減も期待できます。

「クイックサイネージ」は、一部のソフトバンクショップで先行導入されており、ソフトバンクテレコムは小売業や飲食業などを中心に販売していきます。

「ホワイトクラウド ビジュアモール クイックサイネージ」の概要

1. サービス開始日

2014年4月21日(月)

2. 主な特長

(1)クラウド上での一括配信管理
デジタルサイネージのコンテンツ配信管理をクラウド化することにより、多数のディスプレーの一括配信管理が可能
(2)タブレットの活用による低コストでの導入・運用
タブレットをデジタルサイネージとして活用することにより、電子POPから大型ディスプレーへの表示まで低コストで導入・運用が可能
(3)マルチメディアによる訴求力アップ
静止画や動画、アニメーション効果、音楽などのマルチメディアを活用した訴求力の高いデジタルサイネージにより、販促効果が向上

3. サービスロゴ

サービスロゴ

4. サービス全体イメージ

サービス全体イメージ
[注]
  • 接続機器が別途必要

5. サービスメニュー、料金(消費税別)

初期費用/変更費用 3万円
基本サービス 月額料金 機能
クイックサイネージ基本パッケージ 3万4,000円
  • クイックサイネージプロ(5ID)
  • 基本ストレージ(2GB)
追加サービス 月額料金 機能
クイックサイネージプロ 7,500円/5ID HDMIモード、POPモード、タブレット向けアプリ+コンテンツ管理システムID
クイックサイネージライト 4,000円/5ID POPモード、タブレット向けアプリ
追加ストレージ+1G 1万5,000円 追加ストレージ(1GBごと)

6. サービスの詳細/お客さまからのお問い合わせ先

以上

  • ホワイトクラウドはソフトバンクテレコム株式会社の登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。