プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2014年

ヤフーとソフトバンクテレコムがIRを支援する
「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」を共同開発~個人投資家向けに情報を発信できるIR支援商品をソフトバンクテレコムが独占販売~

2014年10月22日
ヤフー株式会社
ソフトバンクテレコム株式会社

ヤフー株式会社(以下「ヤフー」)とソフトバンクテレコム株式会社(以下「ソフトバンクテレコム」)は、ヤフーが提供する金融情報の総合サイト「Yahoo!ファイナンス」に銘柄ページがある上場企業向けのIR(投資家向け広報)を支援する「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」を共同開発し、2014年11月1日からソフトバンクテレコムが独占販売します。

「Yahoo!ファイナンス」は、ヤフーが運営する日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」内で提供する金融情報の総合サイトです。投資に関心がある方々をメーンターゲットとし、株式や為替(FX)、投資信託、J-REIT(不動産投資信託)などの金融商品情報を幅広く提供しており、来訪者数、ページビューとも日本最大級の規模を誇ります。

今回開発した「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」は、「Yahoo!ファイナンス」内にある各上場企業の株価をはじめとする投資関連情報をまとめた銘柄ページ上で、各上場企業が独自にIR関連情報を発信することを支援する商品です。「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」に掲載するバナーやテキストにリンクを設定することで、自社のIR情報サイトへの動線を作ることができ、個人投資家の利便性の向上が実現します。このほか決算発表日や決算説明会のインターネット中継実施、IR関連プレスリリースなど、最新情報を発信することもできます。

IR活動を行う企業に対してIR活動の課題を尋ねた調査によると、「個人投資家向けIRの充実」が第2位となり、個人投資家向けのIR活動が企業のIR担当者にとって大きな課題となっています。金融情報の総合サイトとして圧倒的な利用者を誇る「Yahoo!ファイナンス」の銘柄ページから自社のIR情報を発信することができるようになることで、自社の投資関連情報に興味がある人に対して届けたい情報を訴求しやすくなります。

ヤフーとソフトバンクテレコムは、今後もデジタルマーケティング分野でのサービスを拡充していきます。

「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」の概要

1. 販売開始日

2014年11月1日(土)

2. 掲載イメージ

掲載イメージ

3. 主な活用例

  • 決算発表日や決算説明会のインターネット中継実施などに関する告知
  • 自社IR情報サイトへの誘導
  • 株主アンケートフォームへの誘導
[注]
  • 「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」への掲載情報やリンク先は、IR関連情報に限定させていただきます。

4. 料金(消費税別)

初期費用 無料
年契約(自動更新あり) 300万円
月契約(自動更新なし) 50万円

5. 仕様

(1)バナー

サイズ 600×220ピクセル
容量 50KB以内
形式 PNG、JPEG、GIF(アニメーションは不可)
掲載数 1(複数素材の同時期掲載は不可)
[注]
  • 実際に掲載されるバナーのサイズは、閲覧するデバイス向けに最適化されます。

ヤフーが用意するテンプレートバナーも無償で使用可能です。(6デザイン、全16パターン)

テンプレートバナー

(2)テキスト

文字数:全角・半角合わせて20文字以内(絵文字や機種依存文字は使用不可)

(3)リンク設定

バナー、テキストそれぞれにURLリンクを設定可能

スタートアップキャンペーン

「Yahoo!ファイナンス IRコーナー」の販売開始に当たって、ソフトバンクテレコムでは「スタートアップキャンペーン」を実施します。2015年3月末までの期間限定で、月契約通常価格50万円を特別価格30万円(いずれも消費税別)で販売します。

お客さまからのお問い合わせ先

E-mail

以上

  • Yahoo! は米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。