プレスリリース(旧ワイモバイル) 2013年

LTE対応スマートフォン「STREAM X(GL07S)」ホワイトを
7月18日(木)に発売~最新ソフトウェアの適用により7月25日(木)からSoftBank 3Gエリアに対応~

2013年7月5日
イー・アクセス株式会社

イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 エリック・ガン)は、現在ご好評を頂いているLTE対応ハイエンド・スマートフォン「STREAM X(ストリーム エックス)(GL07S)」の新たなカラーバリエーションとして「ホワイト」を2013年7月18日(木)に発売します。
なお、発売に先立ち、本日よりイー・モバイル取扱店および、イー・モバイルショップで予約受付を開始いたします。
また、本製品(「STREAM X(GL07S)」ブラックも含む)は2013年7月25日(木)に提供予定の最新ソフトウェアの適用*1により、SoftBank 3Gエリア*2(全国人口カバー率*3 99.99%)でもご利用可能となります。

  • 写真はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

発売日

2013年7月18日(木)

予約受付開始日

2013年7月5日(金)

オンラインストア販売価格(税込)

LTE電話プラン(ベーシック)の場合

72,000円

LTE電話プラン(にねん)で新規ご契約、バリュースタイルご加入の場合

料金プラン
(契約種別)
販売価格(バリュースタイル価格) 月額割引
総額*
実質
お支払額*
  支払い
回数
月々の
お支払い額
(賦払金)
LTE電話プラン(にねん) 42,000円 1回 - 42,000円(1,750円×24ヶ月) 0円
24回 1,750円
  • 24回分割の場合、頭金:0円、支払回数(支払期間):24回(25ヶ月)、実質年率:0.0%となります。
  • *
    月途中でのご加入時等など割引対象が日割りとなることで、端末代金が実質0円とならない場合があります。
  • *
    表示の価格はイー・モバイル オンラインストア価格であり、販売店によって異なる場合があります。また購入方法により、実質お支払額が異なる場合がございます。詳しくはイー・モバイル取扱店にて ご確認ください。
  • *
    新規および契約変更でご契約の際には、契約事務手数料3,150円が別途かかり、初回のご利用料金に合算して請求されます。
  • *
    バリュースタイルおよび月額割引の詳細については下記URLをご参照ください。
    http://emobile.jp/charge/valuestyle.html

月々のお支払い額(例)

月々のお支払額 3,880円/月
「LTE電話プラン(にねん)」「データ定額5」ご加入で、「LTEスマホ割」適用の場合

  • *
    通話料およびオプションサービスの月額使用料は含まれていません。「LTE電話プラン(にねん)」の契約期間は2年です。契約期間中に解約した場合、契約解除料9,975円がかかります。解除のお申し出がない限り2年単位で自動更新となります。
  • *
    ユニバーサルサービス料(3.15円/月)が別途かかります。
  • *
    当月ご利用のデータ量が5GBを超えた場合、当該月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。
  • *
    別途、端末代金が必要となります。
  • *
    記載の料金はすべて税込表記です。なお、実際のご請求は個々の税抜額の合計から税額を算出するため、個々の税込額の合計とは異なる場合があります。
  • *
    LTEスマホ割は対象の料金プラン、データ通信タイプおよびバリュースタイルへご加入いただいた際に、データ通信タイプの定額料(3,880円)より最大980円割引します。割引の内容および期間は予告なく変更する場合があります。LTEスマホ割の適用条件を満たさなくなった場合、当該月をもって割引を終了します。その他条件、詳細は、イー・モバイルホームページ(http://emobile.jp/)にてご確認ください。

販売チャネル

イー・モバイル取扱店およびイー・モバイル ショップ、イー・モバイルオンラインストア、
イー・モバイル カスタマーセンター

主な特長・スペック

商標について

  • 「STREAM X」は、ソフトバンクモバイル株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • *1
    7月25日午前9時以降に提供予定の最新ソフトウェアへの更新が必要となります。詳細につきましては2013年6月19日付の報道発表資料をご参照ください。http://www.eaccess.net/cgi-bin/press.cgi?id=1477
  • *2
    プラチナバンドには対応しておりません。「SoftBank 3Gエリア」では104(番号案内サービス)、イー・モバイル国際電話は利用できません。また、EMOBILEサービスエリアから、SoftBank 3Gエリアに切り替わる際、通話およびデータ通信が切断されます。
  • *3
    「人口カバー率」は、市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基にして、算出しています。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。