プレスリリース(旧ワイモバイル) 2014年

「iiro<WX04S>」の発売について ~いい色イロイロ。着せ替えカバーで色のカスタマイズを楽しめるストレートモデルを発売~

2014年2月5日
株式会社ウィルコム
株式会社ウィルコム沖縄

ウィルコムおよびウィルコム沖縄(以下、ウィルコム)は、「iiro(イーロ)<WX04S>」(以下、「iiro」)(セイコーインスツル株式会社製)の発売を2014年2月20日(木)より開始いたします。なお、発売開始に先立ち、本日2014年2月5日(水)より、予約受付を開始いたします。

「iiro」の主な特長は以下のとおりです。

  • 本体カラー3色とリアカバー13色で、39通りの組み合わせが楽しめる
  • 通話に便利な軽量&コンパクトなシンプルケータイ
  • 「緊急速報メール」や「モバイル迷惑電話チェッカー」などの安心機能を搭載
  • IPX4相当の防水性能を装備

iiro

iiro

(左から)ホワイト、ブラック、ピンク、リアカバー
予約受付開始日 : 2014年2月5日(水)
発売予定日 : 2014年2月20日(木)
価格 : オープン価格

商品の詳細は以下をご参照ください。

「iiro」の発売について

~いい色イロイロ。着せ替えカバーで色のカスタマイズを楽しめるストレートモデルを発売~

特長

本体カラー3色とリアカバー13色で、39通りの色の組み合わせが楽しめる

全13色のリアカバー(別売り)を付け替えて、自分だけのカスタマイズが楽しめます。気分に合わせて変えたり、個性を表現したりと、楽しみ方はイロイロです。なお、リアカバーはiiro取扱店にてオープン価格で発売いたします。

リアカバー

リアカバーは全13色。左上より、フロストレッド、フロストオレンジ、フロストイエロー、フロストライム、フロストミント、フロストブルー、フロストホワイト、フロストグレー、フロストブラック、フロストブラウン、フロストピーチ、フロストピンク、フロストパープル。

組み合わせ例

組み合わせ例

通話に便利な軽量&コンパクトなシンプルケータイ

質量79g、高さ12.5cmと軽量&コンパクトなストレートモデル。持ちやすくカバンからの取り出しもスムーズなので快適に通話やEメールをご利用いただけます。また、ライトメールは2014年10月以降、他社へのSMS送信に対応予定です。

「緊急速報メール」や「モバイル迷惑電話チェッカー」などの安心機能を搭載

地震や災害発生時にも安心な「緊急速報メール」や、迷惑電話を自動で判別・警告してくれる「モバイル迷惑電話チェッカー」機能も搭載し、安心して通話をお楽しみいただけます。

  • お申込みが必要です。月額使用料210円がかかります。

IPX4相当の防水性能を装備

IPX4※1相当の防水性能を装備。キッチンなどの水場環境でも、気がねなく通話やメールが楽しめます。

スペック
商品名 iiro<WX04S>
メーカー セイコーインスツル株式会社
サイズ(W×H×D) 約45×125×12.4mm
基本機能 質量 約79g
液晶画面 2インチ
解像度 240×320ドット
フル充電時間 約2時間
連続通話時間 約5.5時間 ※2
連続待受時間 約680時間 ※2
電話帳 1,000件(1件あたり3電話番号・3メールアドレス)
ブラウザ -
Java -
Flashプレーヤー -
赤外線通信
Bluetooth -
カメラ -
防水 IPX4
メール Eメール
POP3/SMTP対応
ライトメール ○(SMS)
セキュリティ リモートロック
管理者ロック
メモリーカードスロット
ドキュメントビューアー機能
イヤホンジャック
その他機能 ハンズフリー、ここどこ表示、セルフコール
主な付属品 クイックスタートガイド
SAR値 0.214W/Kg

希望小売価格

オープン価格

  • ※1
    IPX4(旧JIS保護等級)相当の防水性能
    JIS指定のノズルを使用し、約30~50cmの距離から約10L/分の水を5分以上注水する条件で、あらゆる方向から水の噴流を浴びても、電話機としての性能を保つことを意味します。
  • ※2
    通話・待受時間はご利用環境、使用頻度、設定によって異なります。
  • 本報道資料に記載する金額については、すべて税込の金額となります。
  • 記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 仕様および外観は開発段階のものであり、改良のため、予告なく変更になる場合があります。

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。