役員

役員一覧

当社は、取締役会と監査役・監査役会を中心としたコーポレート・ガバナンス体制を構築しています。現在、取締役会は取締役11名で構成され、うち4名を社外取締役として選任することで取締役相互の監視機能を強化しています。また、取締役会の諮問機関として任意の指名委員会・報酬委員会を設置しています。指名委員会・報酬委員会は、CEOおよび独立社外取締役で構成され、委員会の独立性を確保しています。監査役は、4名のうち2名を社外監査役にすることでより独立した立場からの監査を確保し経営に対する監視機能の強化を図っています。

社外取締役・社外監査役の情報

社外取締役の選任理由

氏名 選任の理由
堀場 厚 1992年から現在に至るまで約26年間にわたり(株)堀場製作所 代表取締役を務め、グローバルに同社グループの成長をリードする等、豊富な経営経験を有しています。その知識と経験に基づき当社の経営を監督および当社経営全般に助言いただき、さらなる当社グループの成長およびコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくため社外取締役として選任しています。
上釜 健宏 2006年から2018年6月までTDK(株) 代表取締役を務め、同社事業の収益力の強化や事業領域の拡大にリーダーシップを発揮する等、豊富な経営経験を有しています。その知識と経験に基づき当社の経営を監督および当社経営全般に助言いただき、さらなる当社グループの成長およびコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくため社外取締役として選任しています。
大木 一昭 公認会計士として豊富な知識と経験を有しています。その知識と経験に基づき当社の経営を監督および当社経営全般に助言をいただき、さらなる当社グループの成長およびコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくため社外取締役として選任しています。
植村 京子 弁護士として豊富な知識と経験を有しています。その知識と経験に基づき当社の経営を監督および当社経営全般に助言をいただき、さらなる当社グループの成長およびコーポレート・ガバナンス強化に寄与していただくため社外取締役として選任しています。

社外監査役の選任理由

氏名 選任の理由
山田 康治 金融機関において、リスク管理・コンプライアンスに関する豊富な知識と経験があり、財務および会計に関する相当程度の知見を有しています。その知識と経験に基づく専門的な見地から監査いただき、より独立した立場からの監査を確保するため、社外監査役として選任しています。
阿部 謙一郎 公認会計士として豊富な知識と経験を有しています。その知識と経験に基づく専門的な見地から監査いただくとともに、より独立した立場からの監査を確保するため、社外監査役として選任しています。

役員報酬

当社の取締役の報酬は、企業価値向上および利益成長に対する取締役の動機付けや、その実績に対する対価として機能することを目的としています。その報酬は、基本報酬、賞与、株式報酬等から成り、株主総会で決議された総額の範囲内で報酬委員会において審議を行い、取締役会は報酬委員会からの提言を最大限尊重し、取締役会の決議によって決定することとしています。報酬委員会では、基本報酬、賞与、株式報酬等の他に、報酬決定プロセス等の仕組みに関する内容についても審議の対象とし、個別の報酬額は、業績や経営環境を踏まえながら、個々の役割や責任、成果等に応じて、決定しています。

当社における役員の報酬額等は、株主総会で決議された総額の範囲内で、取締役については取締役会決議、監査役については、監査役の協議によって決定しています。
報酬限度額は、取締役は、2018年3月6日開催の臨時株主総会において25億円以内(使用人給与分は含まれない)、監査役は、2015年2月25日の臨時株主総会において年額8千万円以内と定めています。当該報酬とは別枠として、2018年3月6日の臨時株主総会において、取締役に対するストック・オプション(株式報酬)として、新株予約権を年額15億円以内と定めています。

当社の役員区分ごとの報酬等の総額、
報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数(2017年度)

役員区分 報酬等の総額
(百万円)
報酬等の種類別の総額
(百万円)
対象となる
役員の員数
(名)
基本報酬 賞与 株式報酬
取締役
(社外取締役を除く)
1,509 456 1,018 35 8
監査役
(社外監査役を除く)
12 12 1
社外取締役
社外監査役 12 12 2
[注]
  • ※1
    上記の他、2018年6月に第32期事業年度に係る取締役7名に対する役員賞与引当繰入額との差額525百万円が発生しています。
  • ※2
    第32期事業年度において支給した取締役の報酬等に、第31期事業年度に係る取締役7名に対する役員賞与引当金繰入額との差額128百万円が発生していますが、上記には含めていません。

当社の役員ごとの連結報酬等の総額等(2017年度)

氏名 連結報酬等の総額
(百万円)
役員区分 連結報酬等の種類別の額
(百万円)
基本報酬 賞与 株式報酬 その他
宮内 謙 330 取締役 60 263 7
榛葉 淳 248 取締役 78 166 4
今井 康之 234 取締役 78 152 4
宮川 潤一 196 取締役 60 132 4
藤原 和彦 160 取締役 60 97 3
久木田 修一 174 取締役 60 111 3
エリック・ガン 160 取締役 60 97 3
[注]
  • ※1
    連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しています。
  • ※2
    上記の他、2018年6月に第32期事業年度に係る取締役7名に対する役員賞与引当金繰入額との差額525百万円が発生しています。
  • このページは、2018年12月19日更新の「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」に掲載した情報を基に作成しています。