プレスリリース 2021年

宇宙空間や成層圏から通信ネットワークを提供する
非地上系ネットワークソリューションの展開を推進

~SkyloやOneWeb、HAPSモバイルの通信サービスを活用して、産業のデジタル化を加速~

2021年6月9日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、Skylo Technologies, Inc.(スカイロテクノロジーズ、本社:米国カリフォルニア州、以下「Skylo」)と、衛星通信サービスの日本での展開に向けた協業に合意しました。ソフトバンクは、Skyloが提供するIoT向け衛星ナローバンド通信サービスやOneWeb Ltd.(ワンウェブ、以下「OneWeb」)が提供する低軌道衛星通信サービス、ソフトバンクの子会社であるHAPSモバイル株式会社(以下「HAPSモバイル」)が提供する成層圏通信プラットフォームを活用して、宇宙空間や成層圏から通信ネットワークを提供する非地上系ネットワーク(Non-Terrestrial Network、以下「NTN」)ソリューションの日本およびグローバルでの展開を推進していきます。

ソフトバンクは、さまざまなお客さまのニーズに合わせてNTNソリューションを提案します。SkyloのIoT向け衛星ナローバンド通信サービスは、漁業や鉱業、海運業などIoTの需要がある産業に対して、従来の静止衛星より低価格な接続を提供しています。OneWebの低軌道衛星通信サービスは、政府機関や企業、エンドユーザーに対して、従来の静止衛星より高速かつ低遅延な通信サービスをグローバルで提供します。HAPSモバイルの成層圏通信プラットフォームは、成層圏からLTEや5Gなどの通信サービスを提供することで、インターネット環境が整っていない地域でも、スマートフォンなどのモバイル端末を利用することを可能にします。

ソフトバンクは、世界中にインターネットを届けることで、通信環境が整っていないアナログな産業を一気にデジタル化して変革する社会を実現するため、シームレスにつながる先進的な通信サービスやDX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューションの提供を目指します。

ソフトバンクのグローバル事業戦略本部 本部長の北原 秀文(きたはら・ひでぶみ)は、次のように述べています。
「世界には通信環境が十分に整っておらず、アナログな産業がたくさんあります。そのような産業をデジタル化するために、まずインターネットを届けることがファーストステップで、インターネットを届ける手段としてNTNソリューションは非常に有効なテクノロジーになると考えています。ソフトバンクは、SkyloやOneWeb、HAPSモバイルといったNTNソリューションを活用し、世界中に通信ネットワークを提供できるようまい進していきます」

SkyloのCEOのParth Trivedi(パース・トリヴェディ)氏は、次のように述べています。
「Skyloは、低価格な接続サービスや取り扱いやすいサイズの端末を提供することで、お客さまが非地上系ネットワークを利用する際の妨げをなくし、シームレスに接続をしたいという要望に応えることを可能にしました」

OneWebのCEOのNeil Masterson(ニール・マスターソン)氏は、次のように述べています。
「OneWebは、世界中に通信を届けるというビジョンの実現に向けて、ソフトバンクと協業することをうれしく思います。われわれは、新しい技術や商品を開発するとともに、日本およびグローバルの主要な市場に通信サービスを提供するため、許認可の取得や地上局の構築に共同で取り組んでいきます」

ソフトバンクのNTNソリューション イメージ
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
ヒト・モノ・コトをつなぐ通信で、新たな可能性を〜

ヒト・モノ・コトをつなぐ通信で、新たな可能性を

空気や水と同じように、誰もが意識せずに通信を利用できる未来へ。ソフトバンクは常に技術革新に挑戦し、通信をベースにした新しい技術を提供しています。

通信が変える人々の生活