プレスリリース 2021年

「ソフトバンク5Gコンソーシアム」の参画企業・団体が決定

~設立から約1カ月となる本日時点で「ワーキンググループ」のメンバーが45社、
「5Gコンソーシアム会員」が544社・団体に~

2021年7月5日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、2021年6月1日に設立した「ソフトバンク5Gコンソーシアム」について、7月5日時点での参画企業をお知らせします。参画企業・団体数は、設立から約1カ月となる本日時点で、「ワーキンググループ」のメンバーが45社、「5Gコンソーシアム会員」が544社・団体となりました。今後も「5Gコンソーシアム会員」を中心に、参画企業を引き続き募集する予定です。

「ソフトバンク5Gコンソーシアム」は、ソフトバンクとさまざまな領域の事業会社や5G関連パートナー、外部有識者などが連携して、各業界の課題を解決する5Gソリューションの実証実験と商用化に向けた開発に取り組み、5G(第5世代移動通信システム)の社会実装の加速を目指すものです。「ワーキンググループ」と「5Gコンソーシアム会員」の二つから成り、「ワーキンググループ」は、さまざまな領域の事業会社や5G関連パートナーがメンバーとして参加する他、アドバイザー(外部有識者)が協力し、それぞれの知見を生かして実証実験などを推進します。「5Gコンソーシアム会員」は、5Gの導入を検討する企業や自治体などが参画し、「ワーキンググループ」の最新情報を受け取れる他、各種イベントへの参加が可能で、5Gの活用に関する理解を深めることができます。

「ワーキンググループ」のメンバーは、下記の通りです。

「ワーキンググループ」のメンバー※1(2021年7月5日時点)

参加種別 カテゴリー 企業名および実証実験のテーマの例※2
(企業名は五十音順です)
事業会社 製造 JFEスチール株式会社
住友電気工業株式会社
株式会社ダイフク
運輸 東日本旅客鉄道株式会社
建設

鹿島建設株式会社(建設現場におけるAIカメラの活用や、ビル内でのバイタルセンサーなどによる生体情報・位置情報収集など)

大成建設株式会社(建設現場における、通信インフラを基盤とした生産性および安全性向上に資するシステム)

医療

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター(妊婦向け4Dエコーを用いた遠隔診療)

大成建設株式会社(再生医療や遺伝子治療の過程で行われる細胞培養作業の遠隔操作システム構築およびデータ活用)

スマートシティ 鹿島建設株式会社(5Gを活用した都市や建物における新サービスの検討)
5G関連パートナー アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社ウフル
ヴイエムウェア株式会社
SCSK株式会社
SBテクノロジー株式会社
エヌビディア合同会社
エリクソン・ジャパン株式会社
沖電気工業株式会社
加賀電子株式会社
株式会社カタリナ
京セラ株式会社
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
株式会社グルーヴノーツ
サイバーリーズン・ジャパン株式会社
シーシーエス株式会社
シスコシステムズ合同会社
ジュニパーネットワークス株式会社
Sky株式会社
住友電気工業株式会社
デル・テクノロジーズ株式会社
トレンドマイクロ株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本電気株式会社
日本ヒューレット・パッカード合同会社
日本マイクロソフト株式会社
ニューラルポケット株式会社
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
Nozomi Networks, Inc.
Vantiq株式会社
PTCジャパン株式会社
株式会社日立システムズ
株式会社日立製作所
株式会社フツパー
株式会社ポケット・クエリーズ
株式会社マクニカ
株式会社村田製作所
ルネサスエレクトロニクス株式会社
[注]
  1. ※1
    個別のワーキンググループへの参加は、協議の上、決定します。
  2. ※2
    各カテゴリーにおける実証実験のテーマの例は、一部検討中の内容も含みます。また記載がないものは現在検討中です。

アドバイザーからのコメント(五十音順)

「ワーキンググループ」では、アドバイザー(外部有識者)がそれぞれの専門知識や知見を基に助言を行います。各アドバイザーからのコメントは、下記の通りです。

  • 東京大学 医学系研究科 教授 大江 和彦氏
    「医療の世界でも5Gを活用したデジタル診療や医療情報を活用した実験が始まっています。『ソフトバンク5Gコンソーシアム』の取り組みを通して、次世代の通信ネットワークである5Gをプラットフォームとした革新的なサービスやプロダクトが数多く生み出され、5Gが医療を含めた幅広い分野に活用されていくことを期待しています」
  • 株式会社ローランド・ベルガー パートナー 小野塚 征志氏
    「5Gによりヒトやモノの現況をリアルタイムで把握できるようになれば、自動運転やロボットといった先進技術の実用性が高まるだけではなく、シェアリングやマッチングによるリソース活用の最適化も進むはずです。『ソフトバンク5Gコンソーシアム』が、その快適でサステナブルな未来を創造するための基盤になると期待しています」
  • 東京大学 生産技術研究所 教授 野城 智也氏
    「5Gは、さまざまな場で情報生成や処理の密度、精度を飛躍的に向上させ、新たな結びつきによる新たな価値を創成していく可能性を持っています。『ソフトバンク5Gコンソーシアム』を通して、そうした場と可能性の掘り起こしをお手伝いしていきたいと思っています」
  • 日本ユニシス株式会社 常務執行役員 八田 泰秀氏
    「『ソフトバンク5Gコンソーシアム』の取り組みを通し、ヘルスケア領域をはじめ、さまざまな分野で革新的なサービスやプロダクトが数多く生み出され、社会実装を加速し、人々の役に立つことを心から期待しております」
  • ソフトバンクはパートナー企業と共創して、さまざまな業界の課題を解決する5Gソリューションの実証実験および商用化に向けた開発に取り組みます。また、5Gの普及とさまざまな産業における課題解決を図り、SDGs(持続可能な開発目標)への貢献を目指します。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
ヒト・モノ・コトをつなぐ通信で、新たな可能性を〜

ヒト・モノ・コトをつなぐ通信で、新たな可能性を

空気や水と同じように、誰もが意識せずに通信を利用できる未来へ。ソフトバンクは常に技術革新に挑戦し、通信をベースにした新しい技術を提供しています。

通信が変える人々の生活