プレスリリース 2017年

ソフトバンクのIoTプラットフォームと英Linaroの
IoT向けオープン規格「96Boards」シリーズ製品との
相互接続を実現

2017年9月26日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、このたび英Linaro(リナロ)と連携して、ソフトバンクのIoTプラットフォームと、Linaroが策定したSoC(System on a Chip)に依存しないIoT向けオープン規格「96Boards」のConsumer Edition(CE)およびInternet of Things Edition(IE)に準拠した製品との相互接続を実現しました。

Linaroは、英ArmとLinaroのエコシステムメンバーとの共同事業で設立された非営利組織です。クラウド事業者向けのOpenStackや、Linuxカーネル、Zephyr(IoTデバイス向け)を含む複数のオープンソースプロジェクトに関する協業を行うため、世界35社以上の企業がLinaroのパートナーシップに参画しています。Linaroの成果物は世界中の開発者向けに公開され、利用されています。

今回、ソフトバンクのIoTプラットフォームと、Linaroが策定したSoCに依存しないIoT向けオープン規格「96Boards」のCEおよびIEに準拠した製品との相互接続を実現したことにより、既に世界中で展開されている両シリーズの製品で生成された各種IoTセンサーのデータを、ソフトバンクのIoTプラットフォームで確認・分析することができるようになります。

ソフトバンクは今後、Linaroとの連携を推進することで、グローバル基準における仕様の共通化など、IoT時代におけるさまざまな課題を解決し、選択可能かつ最適なIoTプラットフォームを提供していきます。

ソフトバンクのIoTプラットフォームと「96Boards」シリーズ製品の相互接続イメージ

ソフトバンクのIoTプラットフォームと「96Boards」シリーズ製品の相互接続イメージ

ソフトバンクのIoTプラットフォームに関するお客さまからの問い合わせ先

URL
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。