プレスリリース 2018年

東北の子どもたちを応援する
「SoftBank 東北絆CUP」の日程・会場が決定!~バスケットボール、野球、サッカーの個人参加者の募集を開始~

2018年4月17日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、東日本大震災の被災地支援として、岩手県、宮城県、福島県の小中学生にスポーツや、吹奏楽などの文化活動の機会を提供する「SoftBank 東北絆CUP」を、2018年8月1日から順次開催します。また、本日から「SoftBank 東北絆CUP」への小中学生の個人参加者の募集を開始します。さらに、小学生の参加対象地域を岩手県、宮城県、福島県の沿岸部から全域に拡大します。

「SoftBank 東北絆CUP」は、子どもたちが普段の競技で使用できないようなプロの選手が試合や練習をする施設などで夏休み期間に開催されます。また、多数のスポーツ競技団体などの協力の下で運営されることにより、子どもたちの思い出に残る特別な大会を目指します。

大会当日は、参加チームによる親善試合に加え、有名アスリートとの交流およびレッスンなどの実施が予定されています。参加者にオリジナルグッズを進呈するほか、親善試合の優勝チームには「有名アスリートの1日コーチ就任・指導」などの豪華特典を進呈します。

[注]
  • 「SoftBank 東北絆CUP」開催については、2018年3月5日付けのプレスリリースをご参照ください。

開催概要

種目 運動系 文化系
バスケットボール、野球、サッカー 吹奏楽 民俗芸能
対象 中学生部活動 中学生
(個人参加)
小学生
(個人参加)
中学生部活動 団体
(中学生以下)
岩手県、宮城県、福島県
沿岸部居住者
岩手県、宮城県、福島県居住者 岩手県、宮城県、福島県
沿岸部居住者
プログラム 親善試合、アスリート交流会、遠隔指導 アスリート交流会 演奏披露、遠隔指導 演目披露
参加費 無料

開催日程・会場

種目 日程 会場 内容 対象
バスケットボール 8月1日 盛岡タカヤアリーナ
(盛岡市総合アリーナ)
岩手県盛岡市本宮5-4-1
  • 親善試合
  • アスリートとの交流会(レッスン)
  • 遠隔指導の成果発表
中学生:部活動および個人
小学生:個人
野球 8月13日 石巻市民球場
宮城県石巻市南境新小堤18
サッカー 8月18日 Jヴィレッジ
福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森8
吹奏楽※1
  • 8月19日
  • 9月1日または2日
  • 9月15日または16日
  • 10月6日または7日
  • 10月20日または21日
  • 11月24日
ユアテックスタジアム仙台
宮城県仙台市泉区七北田字柳78
ホームゲーム開催時に観客に演奏披露 中学生:部活動
民俗芸能※1
  • 8月19日
  • 9月1日または2日
  • 9月15日または16日
  • 10月6日または7日
  • 10月20日または21日
  • 11月24日

上記のうちの3日間

ホームゲーム開催時に観客に演目披露 団体
(中学生以下)
[注]
  • ※1
    吹奏楽と民俗芸能の開催日程はベガルタ仙台ホームゲーム開催日に準じます。ベガルタ仙台ホームゲーム開催日が決定次第、「SoftBank 東北絆CUP」のウェブサイトでお知らせします。
  • 開催時間は決まり次第、「SoftBank 東北絆CUP」のウェブサイトでお知らせします。
  • 内容は変わる場合があります。

個人募集について

参加対象地域に居住する中学生は、バスケットボール、野球、サッカーへの個人参加も可能です。地域に部活動や競技チームがない子どもたちも参加できるよう、他の個人参加者と共にチームを組む「混成チーム」として、親善試合、アスリート交流会などに参加することができます。参加者は大会前に遠隔指導※1を受けることが可能です。また、岩手県、宮城県、福島県に居住する小学生はバスケットボール、野球、サッカーの大会当日に実施されるアスリート交流会のみ参加できます。

対象 中学生(個人参加)※2 小学生(個人参加)
岩手県、宮城県、福島県沿岸部居住者 岩手県、宮城県、福島県居住者
競技種目 バスケットボール、野球、サッカー
プログラム 親善試合、アスリート交流会、遠隔指導 アスリート交流会
参加費 無料
交通費※3 当社負担 自己負担
参加人数
(各種目)
男子 女子 最大100人
最大15人 最大45人
応募締切日 5月25日(金)
応募方法

「SoftBank 東北絆CUP」ウェブサイトから

[注]
  • 募集人数は種目によって異なります。応募多数の場合、抽選となります。
[注]
  • ※1
    中学生(個人参加)向けには、スマートフォンやタブレットを通じて、「スマートコーチ」のプラットフォームを活用した遠隔指導を、知識や経験が豊富なコーチから大会前までに動画添削1回に加え、改善練習メニューのアドバイスなどを提供します。中学生部活動単位での参加チーム向けには生徒への直接指導ではなく、顧問の先生を通じた指導を予定しています。詳しくは「SoftBank 東北絆CUP」のウェブサイトをご覧ください。
  • ※2
    中学生(個人参加)で抽選の結果、当選しなかった方のうち希望者を対象に、遠隔指導(動画添削1回に加え、改善練習メニューなどのアドバイス)を最大50人に抽選で提供します。
  • ※3
    詳しくは「SoftBank 東北絆CUP」のウェブサイトをご覧ください。
  • 中学生部活動および民俗芸能(団体)の申し込みは自治体または学校経由での応募となり、既に募集を開始しています。

協力・後援

子どもたちが主役となってスポーツや文化活動を心から楽しむこと、通常の大会にはない体験ができることを目指し、さまざまな団体と共に「SoftBank 東北絆CUP」に取り組んでいます。

行政委員会 岩手県教育委員会、宮城県教育委員会、福島県教育委員会
競技団体・スポーツ団体 株式会社Jヴィレッジ、株式会社仙台89ERS、公益財団法人日本バスケットボール協会、公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団、一般社団法人日本プロサッカー選手会、B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)、福岡ソフトバンクホークス株式会社、株式会社ベガルタ仙台
報道機関 株式会社IBC岩手放送、株式会社岩手朝日テレビ、株式会社岩手日報社、株式会社岩手めんこいテレビ、株式会社河北新報社、株式会社仙台放送、株式会社テレビ岩手、株式会社テレビユー福島、東北放送株式会社、株式会社東日本放送、株式会社福島中央テレビ、福島テレビ株式会社、株式会社福島放送、株式会社福島民報社、福島民友新聞株式会社、株式会社宮城テレビ放送
その他協力企業 ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社、ヤフー株式会社
[注]
  • 2018年4月17日現在の協力・後援。教育委員会を除き五十音順。

詳細は「SoftBank 東北絆CUP」のウェブサイトや、各ソーシャルメディアの「SoftBank 東北絆CUP」公式アカウントをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。