プレスリリース 2018年

日本初、NB-IoTの商用サービスを開始~1回線当たりの通信料が月額10円から利用できる「IoT料金プラン」を導入~

2018年4月26日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、IoT機器向けのLTE規格であるNB-IoTおよびCat. M1(カテゴリーエムワン)のネットワークの構築を2018年4月に完了し、商用サービスを開始しましたのでお知らせします。NB-IoTの商用サービスを開始するのは、国内で初めて※1です。

今回の商用サービスを開始したNB-IoTおよびCat. M1は、さまざまなIoTデバイスに幅広く対応するため、低消費電力を実現する技術であるeDRX※2とPSM※3を導入済みです。

NB-IoTおよびCat. M1の概要

規格名 特徴 技術仕様 周波数 最大通信速度※4
(下り/上り)
NB-IoT 低価格化・省電力化に特化し、LTEと共存可能な規格 3GPP
Release 13
LTEバンド 27kbps/63kbps
Cat. M1 LTEの一部の周波数帯域のみを利用して、通信モジュールの低価格化・省電力化を実現した規格 0.8Mbps/1Mbps

ソフトバンクはNB-IoTおよびCat. M1の商用ネットワーク構築完了に合わせて、新たに専用の「IoT料金プラン」を導入します。ソフトバンクのIoTプラットフォームと併用していただくことで、契約回線数にかかわらず1回線当たり10KBまで月額10円(税抜き)の低価格でご利用いただけるプランなど、月々のデータ通信量に合わせてお選びいただける4種類のプランを提供します※5。「IoT料金プラン」の概要は、別紙をご参照ください。

ソフトバンクは今後、株式会社村田製作所(本社:京都府長岡京市)やGemalto N.V.(本社:オランダ)、Sierra Wireless Inc.(本社:カナダ)、Quectel Wireless Solutions Co., Ltd.(本社:中国・上海市)と、NB-IoTやCat. M1に準拠したIoT機器向けの通信モジュールを順次提供する予定です。

[注]
  • ※1
    2018年4月26日現在、日本国内の通信事業者において。(当社調べ)
  • ※2
    extended Discontinuous Reception:間欠的な信号受信により、受信していない間は一部の機能を停止させ、スリープ状態を長くすることによって消費電力を低減する技術
  • ※3
    Power Saving Mode:ネットワークへの接続性を維持しつつ、デバイスが一定時間、電源をオフにしたのと同じ状態に遷移することで消費電力を低減する技術
  • ※4
    規格上の理論値であり、実際の通信速度を保証するものではありません。
  • ※5
    1回線当たりの通信料と月間データ通信量は、プランごとに異なります。月間データ通信量を超えた場合、超過データ通信料がかかります。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

別紙

「IoT料金プラン」の概要(NB-IoTおよびCat. M1共通)

1. ソフトバンクのIoTプラットフォームと併用される場合(1回線当たり)

プランA プランB プランC プランD
月額通信料 10円 20円 50円 200円
月間データ量 10KBまで 100KBまで 600KBまで 2MBまで
超過データ通信料 0.6円/KB 0.4円/KB 0.3円/KB 0.2円/KB

2. ソフトバンクの通信ネットワークのみを利用される場合(1回線当たり)

単体プランA 単体プランB 単体プランC 単体プランD
月額通信料 100円 150円 200円 300円
月間データ量 10KBまで 100KBまで 600KBまで 2MBまで
超過データ通信料 1円/KB 0.5円/KB 0.4円/KB 0.3円/KB

ソフトバンクのIoTプラットフォームをご利用いただくには、初期費用1万円と月額費用がかかります。

初期費用 1万円/1契約
月額費用 プラットフォームストレージ基本料
(API利用1万コール以下、ストレージ1GB以下)
1万円/1契約

API利用が1万コールを超えた場合、1コール当たり0.003円の超過料金がかかります。
ストレージが1GBを超えた場合の基本料は、下記の通りです。

  • 1GB超~10GB: 1万3,000円
  • 10GB超~50GB: 1万6,000円
  • 50GB超:50GBごとに6,000円追加
[注]
  • 免許不要の周波数帯の通信を利用してソフトバンクのIoTプラットフォームに接続する場合は、月額10円/1デバイスのプラットフォーム利用基本料がかかります。
  • 金額は税抜きです。

お客さまからの問い合わせ先

URLhttps://www.softbank.jp/biz/special/iot/(ソフトバンク 法人向けサービスサイト)
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。