プレスリリース 2018年

ソフトバンクとウフル、IoT事業分野で資本・業務提携~ソフトバンクのIoTプラットフォームおよびネットワークと、
ウフルのIoTソリューションが連携~

2018年6月28日
ソフトバンク株式会社
株式会社ウフル

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と、IoT関連事業を展開する株式会社ウフル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:園田 崇、以下「ウフル」)は、このたびIoT事業分野で資本・業務提携することに合意しました。

ウフルは、IoT製品やIoTサービスづくりを包括的に支援する、開発・運用サービス「enebular®(エネブラー)」の提供を通して、顧客のIoTにおけるデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、さまざまなクラウドサービスとの連携を簡便にし、多数のデバイスが自律的に分散し協調するIoTシステムの最適なオペレーションの実現をサポートします。

ソフトバンクは、各種センサーデバイスなどからデータを収集して、さまざまな価値につなげるIoTプラットフォームを構築しており、デバイスやネットワーク、データストレージ、アプリケーションなど、IoT環境の構築に必要な要素をワンストップで提供していきます。IoT事業分野で豊富な実績とノウハウを持つウフルと資本・業務提携することにより、IoT事業の拡大に向けてソリューションの強化や、技術開発の促進を目指します。

ソフトバンクとウフルの両社は今回の資本・業務提携により、ソフトバンクのIoTプラットフォームおよびネットワークと、ウフルのIoTソリューションを組み合わせたIoTサービスを提供していきます。また、ソフトバンクが2018年4月に商用サービスを開始した、IoTデバイス向けのLTE規格であるNB-IoTに準拠した通信モジュールを共同で開発し、IoT事業の拡大を目指します。5Gの普及が世界的に進む2020年には、240兆円※1を超えるといわれる世界のIoT市場において、特にファシリティマネジメント※2、アセットトラッキング※3、スマートシティといったプロジェクトに注力し、協業を加速していきます。

以上

[注]
  • ※1
    出所:JEITA「電子情報産業の世界生産見通し 注目分野に関する動向調査」
  • ※2
    ファシリティマネジメント:工場や建物で使われているインフラ設備の維持管理の総称
  • ※3
    アセットトラッキング:Wi-FiやGPS、RFIDタグなどを組み合わせて、ヒトやモノの位置を追跡管理する方法
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。