プレスリリース 2018年

徳島県とソフトバンク、
「とくしまIoTプラットフォーム」を運用開始~プラットフォームを利用して実証実験を行う自治体や企業などを募集~

2018年8月1日
徳島県
ソフトバンク株式会社

徳島県(知事:飯泉 嘉門)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、IoTやAI(人工知能)などを活用して徳島県の地域課題の解決や住民サービスの向上などを図る「とくしまインダストリー4.0」の社会実装に向けて、2018年8月1日から「とくしまIoTプラットフォーム」の運用を開始するとともに、このプラットフォームを利用して実証実験を行う自治体や企業などを募集します。

「とくしまIoT プラットフォーム」は、徳島県とソフトバンクが2017年12月に締結した「とくしまインダストリー4.0の推進に向けた包括連携協定」に基づきソフトバンクのIoTプラットフォームをベースに整備し、運用を開始するものです。実証実験を行う自治体や企業が共同で利用可能で、さまざまなセンサーから得られたデータを一元的に管理することができます。収集したデータはプラットフォーム上で分析することができ、地域課題の解決につながる新たなIoTサービスなどの創出に向けて活用していきます。

とくしまIoTプラットフォーム

なお、「とくしまIoTプラットフォーム」の利用を希望する自治体や企業、大学機関などの募集を、本日から開始します。応募に関する詳細やお問い合わせは、下記のサポートサイトをご覧ください。

URL https://sites.google.com/tokushimaiot.info/index(とくしまIoT サポートサイト)
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。