プレスリリース 2018年

ソフトバンクとフューチャースタンダード、
5Gを活用したリアルタイム動線分析のデモを展示~自律走行ロボットと連携して、それぞれの属性に合った広告を提案~

2018年11月30日
ソフトバンク株式会社
株式会社フューチャースタンダード

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と株式会社フューチャースタンダード(以下「フューチャースタンダード」)は、2018年11月30日にリニューアルオープンした「5G×IoT Studio」のお台場ラボに、第5世代移動通信システム(以下「5G」)を活用したリアルタイム動線分析のデモンストレーションを展示します。

今回のデモンストレーションは、小売業におけるユースケースを想定して展示するものです。お台場ラボ内の展示エリアに設置したカメラの映像から、人の動線をリアルタイムで分析するとともに、属性解析データから予測した性別や年齢情報を付与することで、ターゲットグループごとに動線やヒートマップを可視化します。また、分析したデータを自律走行するロボットと連携させることで、それぞれの属性に応じたデジタル広告をロボットに表示して提案するといったデモンストレーションも併せて実施します。

ソフトバンクとフューチャースタンダードは、高速・大容量でデータ通信が可能な5Gを活用して、複数台のカメラで撮影した高画質映像を伝送し、フューチャースタンダードが開発した映像解析プラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を使用して、エッジコンピューティング上でデータ処理することで、リアルタイムに人の動線を分析することを可能にしました。エッジコンピューティング上で処理することで、カメラに高性能なGPU(Graphics Processing Unit、画像処理装置)を搭載することなく、リアルタイムでデータ処理ができます。

今回の取り組みは、イベントなどで不審者を特定するといった防犯対策や、工場などにおける事故発生を事前に予測してアラームで警告するなど、今後さまざまなシーンで活用されることが期待できます。

今後とも両社は、来る5Gの時代を見据えて、社会のさまざまな場面でより高度な映像解析AI(人工知能)を活用するために必要なテクノロジーの普及に向けた取り組みを進めていきます。

デモンストレーション構成図

リアルタイム導線分析

リアルタイムターゲティング広告表示

[注]
  • Multi-access Edge Computing:端末から近い位置にデータ処理機能を配備することで、通信の最適化や高速化をすることができる技術

「5G×IoT Studio」について

ソフトバンクは、5GやIoTを活用した新たなサービス、ソリューション、プロダクトの提供を目指す企業向けに、5Gの実験機器で技術検証ができるトライアル環境を提供し、さまざまな企業と新たな価値の共創を目指す「5G×IoT Studio」を2018年2月に開始しました。今後来るべき5GやIoTの時代に向けて、お客さまの新たなサービス開発をサポートしています。「5G×IoT Studio」の詳細は、こちらをご覧ください。

5G×IoT Studio

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。