プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

日本テレコム マルチプラットフォーム対応カンファレンスサービス
「Synchronet カンファレンスプラットフォーム」提供開始

2005年1月20日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都港区、社長:倉重 英樹)は、ネットワークコラボレーションサービス「Synchronet(シンクロネット)」において、電話・TV・WEB会議サービスを提供しておりますが、このたびマルチデバイス・マルチプラットフォーム対応でお客様の用途に応じたTV会議、Web会議などの会議環境を提供するサービス「Synchronet カンファレンスプラットフォーム」を提供開始することになりましたのでお知らせいたします。

Synchronet カンファレンスプラットフォーム」は、VPN、ISDN、インターネット等どのようなアクセスネットワークでも会議に参加することが可能なサービスです。また、テレビ会議専用端末やPC等の同一会議への参加も可能となります。 このような多様なアクセスネットワーク・機器保守管理・ASP型会議サービスまでを通信事業者が自社一括提供するのは国内初となります。

本サービスにより、異なるアクセスネットワーク間での会議開催やTV会議専用端末とPC端末が混在した同一会議開催など、お客様のご利用目的やネットワークインフラ状況に応じた会議スタイルをご提供し、日本テレコムがコンシェルジュとして導入から運用に関するご要望・ご質問に対してきめ細かいサポートを行い、安心してご利用いただく環境を提供いたします。

日本テレコムは、21世紀のネットワーク社会におけるライフスタイル、ワークスタイル、ビジネスモデルをご提案し、最先端の技術を使い、その実現を推進してまいります。

詳細につきましては、別紙をご参照ください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。