プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2005年

≪別紙≫
「ひまわりコール“おとくライン”」

1.概要

名称 「ひまわりコール“おとくライン”」
販売元 株式会社地域電話サービス
提供元 日本テレコム株式会社
内容 日本テレコム独自のネットワーク通信機器を使い、直接お客様どうしをおつなぎする新固定電話サービスで、NTT交換機を使用しないため、基本料金を含め、お支払いは全て一本化されます。
特長 (1)割安な基本料金と全国一律の割安通話料金
(2)現在の電話番号をそのまま利用可
(3)基本料金・通話料金支払いの一本化
(4)各種付加サービスも充実
料金 <事務所用>
市内・市外:一律8.295円/3分(税込)
国際:26円/3分(例:米国)

<住宅用>
市内:8.295円/3分(税込)
市外:一律15.645円/3分(税込)
国際:26円/3分(例:米国)

2.ご参考

「ひまわりコール」について

全国商工会連合会が推奨する低価格電話サービス。通信インフラの地域間格差が甚だしい環境であった2002年12月より、「地域制限や宅内環境による制約のない、機器設置や工事をまったく必要としない、またシンプルで説明しやすく、全国の商工会地域どこでも、誰でも、今すぐ加入できる」ひまわりコール“ビジネスプラン”のサービス提供を開始。料金の手軽さと安定したクオリティでビジネスをバックアップしています。

商工会について

商工会は、主として町村における商工業の総合的改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的として、法律に基づいて設立された「特別認可法人」です。

商工会は、全国の市町村に約2,800が設立されており、商工業者の経営支援や地域の活性化を図るための様々な活動を行なっています。商工会は、経営改善普及事業と地域総合振興事業を行なっています。
URL:http://www.shokokai.or.jp/

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。