プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2006年

C&W社のIP-VPNサービスとの相互接続により
「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」のサービスを強化
~国際ネットワークをシームレスに提供し、お客様の運用負荷を軽減~

2006年1月26日
日本テレコム株式会社

日本テレコム株式会社(本社:東京都港区、社長:倉重 英樹)は、IP-VPNサービス「ULTINA IP-VPN(旧Solteria)」のグローバルサービスパートナーとして新たにCable&Wireless(以下C&W社)を加え、C&W社のIP-VPNサービスと相互接続することにより「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」のサービスを強化することになりましたのでお知らせいたします。

日本テレコムは、豊富な実績と経験をベースに高品質、高信頼性の国際データサービスを提供してまいりました。グローバルにビジネスを展開するお客様の多様なご要求に、迅速かつ柔軟にお応えできるよう、この度「ULTINA IP-VPN(旧Solteria)」とC&W社 IP-VPN(C-MPLS)を相互接続することで合意し、ネットワークの接続が完了いたしました。これは、2005年7月の日本テレコムIDC(旧ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC)との合併によるシナジーが生み出した効果のひとつであり、今後もこれまで蓄積されてきたサービス運用のノウハウを活かし、お客様にはよりよい国際データサービスをお届けしてまいります。

今回のC&W社との相互接続により、世界81カ国において、高い信頼性・品質・セキュリティを確保した環境下で、フルメッシュ接続をご利用いただくことが可能となりました。ネットワークの相互接続が実現することで、日本拠点と海外拠点をエンド・ツー・エンドでシームレスな閉域網を構築したいお客様のニーズにお応えいたします。また海外側も含めて、日本テレコムのグローバルサービス保守・運用のプロフェッショナル・チームにより、高品質なサポート(日本語・英語対応)を提供いたします。お申込みから保守まで日本テレコムがワンストップでお受けいたしますので、お客様の運用負荷も軽減できます。

これまで、日本テレコムでは、様々なグローバルサービスパートナーと連携し「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」を提供してきましたが、今後とも、グローバルにビジネスを展開するお客様の課題解決のために高品質なソリューションサービスを提供してまいります。

「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」の詳細は別紙をご参照下さい。

「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」のサービスページは、こちらを参照してください。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。