プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2006年

≪別紙≫
C&W社のIP-VPNサービスとの相互接続により
「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」のサービスを強化

1.サービスの概要

「ULTINA グローバルサービス グローバルIP-VPN」は、海外拠点と国内拠点とをシームレス、かつセキュアに接続するサービスです。グローバルなビジネスを展開する企業に必須である海外拠点間のセキュアで高速なデータ通信を回線手配から、通信の監視までエンド・ツー・エンドでご提供するため、お客様の管理負担を軽減し、TCOの削減を可能にします。

  • *アクセス回線は専用回線/イーサネット/ATM/フレームリレー、速度は56kb/sから155Mb/sまで、きめ細かくご用意しています。地域によってご提供可能な回線が異なりますので、弊社担当者までお気軽にお問合せください。

2.ご利用料金 (上記接続図の月額費用試算例)

拠点名 品目 1)アクセス料金 2)ポート料金** 3)国際接続
基本料金
QoS 合計
外貨* 日本円 外貨* 日本円 日本円 日本円 日本円
合計 868,934
日本
拠点A
DA1500
アクセス
1 - 18,000 - 217,000 - 3,000 238,000
- 国際接続
基本料金
1 - - - - 30,000 - 30,000
中国/
上海
Type4 256kb/s 1 0 49,450 ,500 287,500 - ポート料金に含む 336,950
中国/
香港
Type4 256kb/s 1 HK,356 60,984 ,800 207,000 - 267,984
  • *US$=115円/HK$=14円の為替レートで試算
  • **国内のULTINA IP-VPNのネットワーク接続基本料金に該当します
  • ***表中1)2)3)は上記「ネットワークイメージ」のそれぞれの料金に対応します

3.サービス特長

(1)SLA(Service Level Agreement)を提供(稼働率をSLAで保障します)

  • SLAは、マネージドCPE監視オプションをご契約のお客様への提供

(2)日本語/英語でのお客様窓口を設置(24時間/365日)

(3)高速、高信頼性のネットワーク

QoS(優先制御)を、標準で提供

(4)マネージドサービスの提供

CPEルータをレンタル提供し保守(24時間/365日)や、死活監視を提供

(5)豊富なオプションサービスを提供

  • アクセスゲートウェイ
  • 冗長回線
  • 負荷分散
  • BGPのサポート

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。