プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2006年

≪別紙≫
ソフトバンクテレコム、独自のセキュリティ診断ツールを導入

概要

例えば、お客様事例として挙げられる教育サービス業では、特に受講者の個人情報の管理体制を強化する課題があり、情報セキュリティ強化ポイントの明確化が急務でした。限られた予算で、どの対策から着手すべきか把握できていませんでした。

実施内容

セキュリティ診断ツール「セキュリティレベルチェック」を行うことで、同社のセキュリティレベルを13の評価軸より分析し、評価レポートを提出しました。 評価レポートより「情報セキュリティ事故対応手続き」について特に点数が低かったため、さらにコンサルティングを行うことで、(1)不足していたマネジメント体制の運用ドキュメントを策定 (2)組織体制を確立 (3)運用プロセスの明確化 により実効性ある情報セキュリティ事故対応手続きを確立することとなりました。

約2週間の「セキュリティレベルチェック」を行うことにより、短期間に問題点を洗い出し、早急に対処すべき箇所へ集中的に対策が講じられるため、今までの半分の期間で情報セキュリティ対策が実現できます。またコンサルタントの稼働時間が減ることで、コストも半分に減ります。

評価レポートのグラフイメージ図

以上

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。