プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2006年

NOVAグループ、ソフトバンクテレコムのISP事業者向け接続サービス
「mpls ASSOCIO」と相互接続
~ISP事業者は、安価にネットワークが構築でき、
NOVA「お茶の間留学」の配信が可能に~

2006年11月20日
株式会社ギンガネット
株式会社NOVA
ソフトバンクテレコム株式会社

株式会社ギンガネット(代表取締役:中山 秀樹、以下 ギンガネット)、株式会社NOVA(代表取締役社長:猿橋 望、以下NOVA)およびソフトバンクテレコム株式会社(代表取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクテレコム)の3社は、ギンガネットの「“総”方向リアルタイム有人対面型コンテンツ配信ネットワーク」※1、2(以下、「コンテンツ配信ネットワーク」)とソフトバンクテレコムが提供するISP事業者向けの広域分散型商用IX※3サービス「mpls ASSOCIO(エムピーエルエス アソシオ)」※4を11月20日より相互接続し、NOVAの『お茶の間留学』※5コンテンツを配信することをお知らせします。

従来ISP事業者は、NOVA『お茶の間留学』コンテンツを安定的に配信するために、ギンガネットとISP事業者間に専用ネットワークを構築する必要がありました。このたび「mpls ASSOCIO」に接続するだけで、安価に「コンテンツ配信ネットワーク」に接続できるようになり、NOVA『お茶の間留学』をより多くのISP事業者から配信できることとなります。またさらにNOVA『お茶の間留学』の生徒にとっては、NOVA推奨ISP事業者の選択肢が広がるメリットも生まれます。(別紙:ネットワーク構成図

NOVA「お茶の間留学」は、ギンガネットの「コンテンツ配信ネットワーク」を通じて配信される代表的なコンテンツで、IPテレビ電話「ギンガネット電話」を使うことにより、「駅前留学」と同じシステムのレッスンを、24時間、自宅やオフィスで受けられるNOVAの人気サービスです。

ギンガネットは、ベストエフォート型で不安定なインターネット回線が主流の中、ISP事業者と業務提携し、回線品質目標※6を設定した高品質で遅延の少ない安定した通信ネットワークを構築しています。NOVAでは、その提携ISP事業者を「お茶の間留学」にふさわしいISP事業者として推奨し、NOVAの生徒は、推奨ISP事業者のブロードバンド回線を利用すれば、「お茶の間留学」を快適に受講することが可能となっています。

「mpls ASSOCIO」は、MPLS技術を活用した商用IPデータサービスで、1本のアクセス回線で複数個所へ直接IPデータ通 信を可能としています。広域分散IXの役割を特徴とするこのネットワークは、全国24箇所にアクセスポイントを設けており、インターネット接続サービスを提供している約40のISP事業者に利用されている実績があります。ISP事業者は、最寄りの「mpls ASSOCIO」のアクセスポイントまでネットワークを構築するだけで、大容量トラフィック環境に対応したバックボーンネットワークに接続できることになります。

これまでNOVAグループでは、専用ネットワークを構築してきた提携ISP事業者をNOVA「お茶の間留学」の推奨プロバイダー としてきましたが、個別に専用ネットワークを構築することは、コストが高く、これにより幅広く多くのISP事業者と提携できない課題がありました。このたび「mpls ASSOCIO」を採用することで、コストをかけずに多くのISP事業者と提携できることになります。

(お茶の間留学を始めとしたギンガネットコンテンツの提供に関する、ISP事業者からのお問い合わせは06-7688-1000まで)

  • ※1“総”方向リアルタイム有人対面型コンテンツ:
      “総”方向型(n:n) 配信型(1:n) 双方向型(1:1)
    リアルタイム型 「お茶の間留学」などの有人
    対面型ネットワークコンテンツ
    放送 電話
    蓄積型 SNS、掲示板 ホームページ、VOD 電子メール
  • ※2“総”方向リアルタイム有人対面型コンテンツ配信ネットワーク:NOVA「お茶の間留学」を始めとする、“総”方向リアルタイム 有人対面型コンテンツ(以下「“総”方向コンテンツ」)は、電子メール・ホームページ閲覧・映像配信(ビデオストリーミング)な どの、従来のインターネットコンテンツとは全く異なり、通信速度だけでなく、IP パケット転送遅延やIP パケット損失率といっ たデータ転送品質を、上り下り両方向で厳しく管理することが、非常に重要となります。ギンガネットでは、“総”方向コンテン ツ向け配信ネットワークを独自に研究・構築し、IP 通信回線での相互接続先選定のために、各社のIP 通信回線と接続試験 を行ない交渉を重ねております。
  • ※3IX(Internet eXchange):xSP 同士がインターネット上で相互に接続するための機能
  • ※4MPLS(Multi-Protocol Label Switching):パケットにラベルを付与し、そのラベルに従って転送する技術
  • ※5NOVA の生徒数は全国48 万人で、業界シェアの60%を占め、そのうち、十数万人が「お茶の間留学」の生徒です。
  • ※6「お茶の間留学」を始めとする、“総”方向“リアルタイム”有人対面型コンテンツは、通信速度だけでなく、転送遅延やパケッ ト損失率といったデータ転送品質を、上り下り両方向で厳しく管理することが、非常に重要となるため、回線品質目標値をIP 電話の最高基準である「TTC 標準JT-Y1541QoS クラス0」としております。
      転送遅延 遅延変動 損失率 エラー率
    QoS クラス0 100ms以下 50ms以下 0.1%以下 0.01%以下

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。