プレスリリース(旧ソフトバンクテレコム) 2007年

日本航空の国内線ラウンジ17ヶ所で
ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」が利用可能に
~待ち時間を有効に利用したいビジネスパーソンの無線ネット環境をサポート~

2007年2月27日
ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義 以下ソフトバンクテレコム)は、本日より、株式会社日本航空(本社:東京都品川区、代表取締役社長 西松 遙、以下JAL)が設置する空港内国内線ラウンジサービスにおけるお客様の利便性向上をサポートするため、公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」を提供することになりましたのでお知らせいたします。

現在、ビジネスパーソン層を中心に加入が拡大している「BBモバイルポイント」サービスですが、すでにサービスに加入されているお客様で、搭乗待ち時間にスピーディに無線ネット接続のご利用を希望される方にとっては、新たにID/パスワードをPCへ再度入力する手間をかけずに、JALラウンジにおいて無線ネット接続がご利用できることになります。

本日より利用可能になるアクセスポイントは、羽田空港内の5つのラウンジ内です。今後、2007年5月末までに全国12ヶ所の国内空港に設置しているラウンジにアクセスポイントを順次設置していきます。設置予定のラウンジ一覧は、別紙を参照ください。

JALが提供しているラウンジサービスでは、これまでも、通信用モジュラージャックとパソコン用電源を設置し、インターネット接続の環境を整えておりましたが、ラウンジ会員のビジネスパーソンのお客様から「普段利用している自分のID/パスワードを使ってブロードバンド環境で接続したい」という多くの要望があり、お客様の利便性向上のために「BBモバイルポイント」を導入いたしました。

以上

本件に関するお問合せは下記までお願いいたします。

  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。