コンプライアンス

ソフトバンクグループが考えるコンプライアンスとは「法令順守はもとより社会通念や道徳といった、社会から求められるより高いレベルの倫理に従って行動すること」と捉えています。当社においても役員・従業員の一人一人が順守すべき行動規範である「ソフトバンクグループ役職員・コンプライアンスコード」に基づき、日常業務の中で高い倫理観と責任感を持ったコンプライアンスの実現に取り組んでいます。

体制

コンプライアンスの最高責任者として「チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO:Chief Compliance Officer)」を選任し、CCOはコンプライアンス体制の確立・強化に必要な施策を立案・実施しています。CCOの職務の遂行を補佐するコンプライアンス部門は、各本部に設置されたコンプライアンス本部責任者およびコンプライアンス推進者と連携し、各部門の日常業務における点検・教育などを通してコンプライアンスの徹底を図っています。

ホットライン(内部通報制度)

事業活動におけるコンプライアンス上のリスクを、早期に発見・改善または未然に防止するため、当社およびその子会社の全役員・従業員が、コンプライアンス違反や違反する恐れのある行為を知った際に、報告・相談ができる窓口「ホットライン」を設けています。報告や相談に対しては、充分な調査の上、適時適切な対応を行い、いかなる内容であれ、相談者が不利益を被らないことを保証しています。

「ホットライン」には、相談者が利用しやすいように、社内と社外の2つの窓口があり、それぞれコンプライアンス部門と社外の弁護士が対応しています。相談は、対面・電話・電子メール・郵送で受け付け、匿名での相談にも応じています。

  • ホットライン(内部通報制度)

取り組み

各種研修

役員向け研修・管理職向け研修・新人中途社員研修といった階層別研修や、部門別研修、テーマ別研修、および子会社の役員やコンプライアンス担当者向けの研修も実施しています。

コンプライアンス浸透月間

役員・従業員へのコンプライアンス意識の浸透を目的とした「コンプライアンス浸透月間」を毎年開催しています。この「コンプライアンス浸透月間」では、役員・従業員にとって身近で具体的な事例をベースとしたeラーニングのほか、コンプライアンスの知識・理解度を自己診断するための「コンプライアンス・テスト」をイントラネットで実施し、毎年多くの役員・従業員が参加しています。