子育て支援

ICTを活用し社会全体で子育てを

子育ての悩みや負担の軽減をサポートしたい。

情報通信技術の力で、子育て世代の孤立防止や、地域とのつながり促進など、社会全体で子育てを行う環境づくりを目指します。

一生涯の成長・発達・健康に関する情報を記録・管理

ソフトバンク株式会社

ソフトバンクは、乳幼児期から生涯にわたり成長・発達・健康に関する情報を記録・管理することができるウェブサービス「成長ログサービス」を自治体向けに提供しています。
自治体は、年代や性別に合わせた情報配信機能を活用して、住民とのより密なコミュニケーションを実現することができます。
住民は、情報を記録することで本人や家族の個性や特長を早期に把握・理解することができるようになります。また、記録した情報を自治体に共有することで、正しい理解を促し適切なサポートなどを得ることができます。

成長ログサービス

子育てをより便利で安心に

株式会社hugmo

hugmo(ハグモー)は日々の子育てをより便利に安心して行ってほしい、さらに保育施設と家庭がより深く密につながることで子育てがわくわくするものになってほしいという願いの下「hugmo」子育てクラウドを提供しています。
hugmoは、これまでにない保育施設と家庭間をつなぐプラットフォームとして、hugnote(連絡帳サービス)を中心に、園と家庭をつなぐコミュニケーションの効率化などを通じて日々の子育てを安心してできる環境づくりを目指します。

2017年7月には、いまどこに送迎バスがいるか視覚的に地図上でお知らせすることができる「huglocation」をスタートしました。送迎バスの位置情報をリアルタイムに反映することで、送迎時の待機時間を減らし、効率的な送迎のサポートを実施します。