プレスリリース 2018年

障がい児の学習・生活支援を行う
「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」の
協力団体を選考~特別支援学校など63団体に合計136台のタブレットやロボットなどを貸し出し~

2018年4月20日
ソフトバンク株式会社
株式会社エデュアス
東京大学先端科学技術研究センター

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)、ソフトバンクグループで教育事業を行う株式会社エデュアス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)、東京大学先端科学技術研究センター(所在地:東京都目黒区、所長:神崎 亮平)は、人型ロボット「Pepper」※1や携帯情報端末などを活用して障がい児※2の学習・生活支援を行う事例研究プロジェクト「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」※3に協力いただく63団体を選考しました。2018年4月から2019年3月までの1年間、特別支援学校、特別支援学級および通常学級などの63団体に合計136台のタブレットやスマートフォン、ロボットを無償で貸し出し、所属する児童・生徒・学生と教員などを2人1組にした68組に活用していただきます。

本プロジェクトは、携帯情報端末などを校内での学習の場や、校外での家族とのコミュニケーションなど、生活の場で活用していただき、その具体的な事例を研究・公開することで、障がい児の学習・生活支援を促進することを目的としています。2009年から東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクグループが行ってきた一連の「魔法のプロジェクト」※4を発展させたもので、今年度は児童・生徒・学生の学習や成長の「めあて」(学習や生活における具体的な目標)に向けて、指導の記録を取得し、効果を示すことを目的としています。「魔法のダイアリー」というプロジェクト名には、そうした活動をベースに実践研究を進めることで、児童・生徒・学生が支援や配慮を途切れることなく受けられるように、という願いが込められています。

今後は、地域ごとのセミナーなどで、携帯情報端末の具体的な活用事例などを紹介する予定です。なお、これまでのセミナーの様子や、過去の事例などは「魔法のプロジェクトチャンネル」で紹介しています。

「魔法のプロジェクトチャンネル」

「魔法のプロジェクト2018 ~魔法のダイアリー~」の協力団体

応募していただいた特別支援学校、特別支援学級および通常学級などから、本プロジェクトの事務局が選考した以下63団体(児童・生徒・学生と教員などを2人1組にした68組)に協力していただきます。

北海道 北海道平取養護学校
青森県 青森県立青森聾学校
岩手県 盛岡市立米内小学校、岩手県立盛岡青松支援学校
宮城県 仙台市立高砂中学校、仙台市立鶴谷特別支援学校
山形県 山形県立山形養護学校
茨城県 茨城県立水戸飯富特別支援学校、茨城県立勝田特別支援学校
栃木県 栃木県立足利特別支援学校
群馬県 太田市立沢野小学校
埼玉県 川越市立高階北小学校
千葉県 市川市立新浜小学校、千葉県立東金特別支援学校
東京都 狛江市立緑野小学校、東京都立南花畑特別支援学校、東京都立府中けやきの森学園、東京都立八王子東特別支援学校、町田市立南つくし野小学校、東京学芸大学附属特別支援学校、文京区立汐見小学校、渋谷区立神南小学校、足立区立渕江小学校
神奈川県 川崎市総合教育センター 塚越相談室、神奈川県立瀬谷養護学校、神奈川県立相模原中央支援学校
富山県 富山大学人間発達科学部附属特別支援学校
石川県 石川県立いしかわ特別支援学校
福井県 あわら市芦原小学校
長野県 長野県飯田養護学校、長野県稲荷山養護学校
岐阜県 中津川市立蛭川中学校
静岡県 伊豆の国市立韮山南小学校
三重県 三重県立かがやき特別支援学校 草の実分校、三重県立特別支援学校 西日野にじ学園
京都府 京都市立桃陽総合支援学校、京都教育大学附属特別支援学校
大阪府 大阪府立寝屋川支援学校、守口市立さつき学園、東大阪市立花園北小学校、大阪府立交野支援学校、大阪府立和泉支援学校
兵庫県 姫路市立書写養護学校
島根県 松江市立意東小学校
広島県 広島市立己斐上中学校、広島市立広島特別支援学校
山口県 山口県立周南総合支援学校、山口県立宇部総合支援学校
香川県 香川県立高松養護学校、香川県立善通寺養護学校
福岡県 北九州市立門司総合特別支援学校、北九州市立小倉南特別支援学校、福岡市立老司中学校、北九州市立小倉総合特別支援学校
佐賀県 佐賀大学教育学部附属特別支援学校
長崎県 長崎市立諏訪小学校
熊本県 熊本市立楡木小学校
大分県 大分県教育委員会 大分県教育センター、大分県立別府支援学校、大分県立別府支援学校鶴見校
鹿児島県 鹿屋市立寿小学校
沖縄県 沖縄県立大平特別支援学校、沖縄県立泡瀬特別支援学校

ソフトバンク、エデュアスおよび東京大学先端科学技術研究センターは、今後も携帯情報端末などの活用により、障がい児の社会参加の機会促進を目指します。

[注]
  • TM and © 2018 Apple Inc. All rights reserved. Apple、Appleのロゴ、iPadはApple Inc.の商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。