生物多様性の保全

生物多様性の保全 生物多様性の保全

企業活動は自然資本から提供される生態系サービスの恩恵を受けており、持続可能な企業経営の観点からも、生物多様性保全の重要性と考えています。
当社は、エコシステムが機能する持続可能な地球を次世代につなぐため、事業において生態系に及ぼす影響に配慮し、事業活動や社会貢献活動を通じて生物多様性保全の取り組みを推進します。

主な取り組み

サンゴの保全活動を通じて海洋環境を守る

サンゴの保全活動を通じて海洋環境を守る

温暖化対策や生態系維持など環境保全の取り組みとして、サンゴの植え付けや環境保全を積極的に行う沖縄県恩納村および多数の企業や団体と合同で、2019年7月に「未来とサンゴプロジェクト」を立ち上げました。

本プロジェクトではサンゴを守り、未来の地球の生態系を維持していくために、募金を集め、集まった募金でサンゴの苗を購入し、その植え付けを行うボランティアツアーや近隣のビーチクリーン活動の実施、サンゴが成長する様子や協力企業、団体活動の情報発信などの取り組みを行っています。

リスクと機会の特定

生物多様性の喪失が当社に及ぼすリスクと機会について、環境委員会にて特定し、関連する活動への取り組み目標を設定し進捗状況を確認しています。

リスク 自社
  • 取り組み不十分となった場合のレピュテーション低下
  • 法規制強化による財務影響
サプライチェーン 法規制や、訴訟などによるサプライチェーンの不安定化
機会 ITツールを用いた情報発信や寄付促進などへの取り組み推進によるブランド価値向上