安心安全への配慮

安心安全への配慮 安心安全への配慮

健全なインターネット社会に向けて

情報通信を担う責任として、
誰もが安心・安全に
スマートフォンやインターネットを
使用できる環境を整えたい。

子どもたちに適切な使用を
促すための啓発活動や、
お客さまが犯罪に巻き込まれないための
仕組みづくりに取り組んでいます。

子どもを守るための取り組み

家庭で話し合う
スマホのルール

子どもが安心・安全に携帯電話やスマートフォンを利用するためには、フィルタリングなどの機能を設定するだけではなく、使い方について家庭でしっかりと話し合うとともに、保護者の見守りと子どもが携帯電話のマナーを身につけるルールづくりが大切です。子どもがスマホを持つときに保護者が知っておくべき情報や、親子の間で決めておくべきルールの参考になるポイントを紹介しています。

携帯電話利用のルール

お子さまが安心・安全に携帯電話を利用するためには、フィルタリングなどの携帯電話の機能を設定するだけではなく、携帯電話の使い方についてご家族でしっかりと話し合い、保護者の見守りと、お子さまが携帯電話のマナーを身につけるルールづくりが大切です。

家族で話そう! お子さまの携帯電話利用のルール

ケータイマナー

映画館や美術館など多くの人が集まる場所では、通話は周囲の迷惑となったり、操作しながらの歩行が思わぬ事故につながる危険があります。いつでもどこでも使える携帯電話だからこそ、場所をわきまえたマナーを心掛けてください。

ケータイマナー

撮影ルール

カメラ付きの携帯電話を使って、書店で雑誌などの記事を撮影することはルール違反となります。便利で手軽なカメラ機能ですが、さまざまな場面で社会問題となっていますのでご注意ください。

撮影ルール

スマホを安心して
使うために

子どもが安全で快適に携帯電話やスマートフォンを利用できる環境を整えるため、フィルタリングサービスの提供や安心機能を備えたスマートフォンの提供などに取り組んでいます。

悪影響のあるウェブや
アプリなどを制限する

家庭で話し合うスマホのルール

子どもがスマートフォンなどでインターネットを利用する場合、ウェブやアプリケーションを通じてお子さまに悪影響をおよぼす有害な情報に触れることや、SNSなどでトラブルに巻き込まれる可能性があります。そのため、スマートフォンなどを持たせるときには不適切なサイトの閲覧や有害アプリの起動を制限するフィルタリングサービスを利用することが義務付けられています※1。当社では「あんしんフィルター」または「ウェブ安心サービス」を提供しています。

[注]
  1. ※1
    青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律です。

決めたデータ容量で利用する

“ソフトバンク”では動画やSNSなど容量を気にせず楽しめる「ウルトラギガモンスター+」と、使った分だけ請求される「ミニモンスター」の2つのプランを用意しています。“ワイモバイル”では普段の使い方から、使用できるデータ容量をセットにしたS・M・Lの3つの料金プランを用意しています。

その他の「あんしん」
サービスを利用する

サービス 概要
ソフトバンクまとめて支払い(使いすぎ防止機能) 子どもが目を離した隙に高額な有料アプリやコンテンツを購入してしまわないよう、保護者が事前に設定を行うことで、必要なアプリのみをインストールし、それ以外のインストールやコンテンツ購入を制限することができます※2

ソフトバンクまとめて支払い(利用可能額)

[注]
  1. ※2
    「ワイモバイルまとめて支払い」と「ソフトバンクまとめて支払い」は同等のサービスです。
一定額お知らせサービス

子どもの携帯電話の使い過ぎを保護者へメールでお知らせします。設定額は5,000円~10万円の間で1,000円単位の指定が可能です。

一定額お知らせサービス(ソフトバンク)
一定額お知らせサービス(ワイモバイル)

安心遠隔ロック 子どもが携帯電話を紛失もしくは置き忘れをした場合、保護者から「My SoftBank」「My Y!mobile」や電話での総合案内「157」「116」から手続きすることで遠隔で携帯電話をロックし、拾得者による不正利用や個人データの漏えいなどのリスクを軽減することができます。ロック以外に、ロック解除、SDメモリカードのデータ消去※3などの操作ができます。

安心遠隔ロック(ソフトバンク)
安心遠隔ロック(ワイモバイル)

[注]
  1. ※3
    SDメモリカードのデータ消去はスマートフォンのみ対応しています。なお、Android™ 9以降は同機能をご利用いただけません。

安心機能を備えた
スマートフォンなどを使う

保護者の方が子どもに安心して持たせることができるよう、さまざまな携帯電話やスマートフォンなどを提供しています。

かんたんスマホ

文字を大きく、必要な機能やアプリを厳選して配置することで、シンプルで使いやすいホーム画面を実現。よく使う連絡先を4件までホーム画面の下にアイコンとして配置することで、すぐに電話をかけることができます。

キッズフォン

子ども向け携帯電話。使用できる機能を通話とメールに限定しているため、子どもが有害サイトにアクセスする心配がありません。また、子どもの居場所をいつでも簡単に確認することも可能です。

ジュニアスマホ

Android™ 搭載スマートフォンの中身を子ども向けに変更することで、あんしんしてご利用いただける月額使用料無料のサービスです。有料コンテンツ購入やアプリ内課金をブロックします。

利用時の
リテラシーとモラル

安全に利用するとともに“自分で考えて使いこなしていく”力を身につけることが大切と考え、子どもおよび、彼らを取り巻く関係者(保護者、教員など)の情報リテラシーやモラル向上につながる取り組みをサポートしています。

学校や家庭での
情報リテラシー教育を支援

迷惑行為・事故を防ぐ

映像教材DVDと指導案冊子から成る情報モラル学習教材「みんなで考えよう、スマートフォン」※4を学校関係者やPTA、地域の団体などを対象に無償で提供しています。本教材は、知識を一方的に教える形式ではなく、映像教材を基に問題を提起し、受講者同士で話し合いながら解決方法を考えることができる参加型授業のプログラムです。

考えよう、ケータイ活用レポート(NPO法人 企業教育研究会)

[注]
  1. ※4
    ワークショップ形式の実践授業で実績のあるNPO法人 企業教育研究会と共同で企画・制作
映像教材DVD ネットいじめ、不適切な動画投稿など社会問題となっているテーマや家庭内のルール作りに焦点を当てた三つのドラマが収録されており、参加者の気づきや話し合いのきっかけとなります
指導案冊子 映像教材を見た参加者の気づきや話し合いを導き、誰でも簡単に参加型の授業や講座が進行できるように構成されています

さらに、インストラクターとして話し合いをリードしていただく先生方や保護者の方には、指導案冊子の活用方法をはじめ、話し合いの進め方などについての模擬授業も随時開催しています。

コミュニケーションの
トラブルを防ぐ

当社は長野県と2018年9月に包括連携協定を締結しており、子ども支援の取り組みの一環として、長野県出身のタレント・鉄拳さんによるパラパラ漫画「ずっとともだち」を制作しました。動画ではスマートフォンで発生するコミュニケーショントラブルをテーマに、人と人とのつながりの大切さを伝えています。

インターネット利用のための啓発教材(総務省)

青少年・保護者・教職員向けのインターネットに関わるトラブル事例集や、高齢者・低年齢層(~6歳程度)がスマートフォン等を安心・安全に利用するための啓発教材を総務省が作成し公開しています。

迷惑行為・犯罪行為から守る

携帯電話やスマートフォンを
正しく利用するために

メールやウェブサイトでの迷惑行為や犯罪行為を防止し、お客さまに快適にサービスをご利用いただくための取り組みを行っています。お客さまが迷惑行為の被害者・加害者にならないよう、携帯電話やスマートフォン、インターネットにおいて対策を拡充するとともに、歩きスマホなどの携帯電話ご利用時の不注意による接触事故防止など、安全対策の啓発活動にも力を入れています。

振り込め詐欺や架空請求メールへの対応

なりすましメールや架空請求メール、チェーンメールなどの迷惑行為やトラブルへの対処法などを説明しています。まずは慌てず、自分自身が被害者・加害者にならないよう冷静に対応してください。

振り込め詐欺や架空請求メールなどがきたとき

ご利用上の注意事項

携帯電話やスマートフォンを取り扱う際の注意点をまとめています。

携帯電話ご使用上の注意事項を確認する

違法行為や権利侵害防止のために

「SoftBank 光」「SoftBank Air」などインターネット接続サービスをご利用の一部のお客さまによるウイルス拡散や迷惑メール・掲示板での不適切な書き込みなど、ネット上の迷惑行為に関する被害連絡を受け付け、迅速に対応しています。インターネット上の違法・有害情報や権利侵害情報の発信元として当社が提供するサービスが利用されていた場合は、関連法令や関連ガイドラインにのっとり、早急に適切な措置を施しています。

当社サービス契約中の会員による
迷惑行為について

当社サービスを契約中の会員によるインターネット上での迷惑行為について、メールにて問い合わせを受け付けています。申告いただいた内容を確認の上、対応を行う際に必要な情報などを返信させていただきます。

お問い合わせ

[注]
  1. 当社提供のサービス内容、契約などについては「サポート」ページよりお問い合わせください。本問い合わせにご連絡にいただいても回答できかねますので、あらかじめご了承ください。

著作権侵害に対し注意喚起を行っています

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)

ISP事業者団体と権利者団体による「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」に参加し、著作権侵害を行っている会員に対し、注意喚起を行っています。

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)

電波の安全性に関する
情報提供

携帯電話や基地局からの電波が健康にどのような影響を及ぼすのか、不安に思われるお客さまにも安心して携帯電話をご利用いただけるよう、電波が健康に与える影響について調査しその結果を公表しています。

基地局周辺にお住まいの地域住民の皆さまに電波の安全性をご理解いただくため、基地局建設工事にあたっては地域住民の方々へのご説明を実施するなど、電波の安全性に対する啓蒙活動に取り組んでいます。
地域住民の皆さまより電波の安全性に関するご質問やご要望があった場合には、皆さまにご安心いただけるような説明を実施することを目標にしています。

当社は2002年11月より、他通信会社と共同で、電波が生体に及ぼす影響を調べる実験を行っています。2007年に発表された本実験の結果では、携帯電話の電波が生体に及ぼす細胞レベル・遺伝子レベルでの影響は確認されませんでした。本実験の詳細は、プレスリリースをご覧ください。

電波の生体への影響を調べるための共同検討における実験結果のご報告(プレスリリース)

責任ある宣伝・広報活動

当社は、宣伝・広報活動などのコミュニケーション活動にあたり、当社の経営方針や事業内容、技術・製品・サービスに関する情報の正確性とともに、内容の倫理性(人権・環境・秘密情報・知的財産権・個人情報、その他問題への十分な配慮)に留意しています。同時に、社会の声を広く聞き、事業に生かしていきます。

広告掲載などの宣伝活動にあたっては、景品表示法をはじめとする適用法令および業界団体である電気通信サービス向上推進協議会が定めた「電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン」を順守した表示内容を心がけています。

法務、技術、マーケティングなどの部門において法令順守、消費者保護、顧客目線での内容確認を行うとともに、弁護士等の外部専門家や専門機関への照会などを必要に応じて実施し、広告の表示内容が正確・適切であることを確認しています。

主要な広告案の決定後には、その内容を経営会議等で取り上げ、または幹部への個別説明を行うことで、経営層による広告内容の確認を行っています。

すでに実施された宣伝活動については、ご意見を当社カスタマーサポート(お問い合わせ)でも受け付けています。また、実施済みの宣伝活動に対して業界団体(電気通信サービス向上推進協議会)による定期的な広告チェックスキームに付すことにより継続的なモニタリングを行い、その内容に法令上・ガイドライン上・倫理上の問題がないかを確認しています。

このように、強固な確認プロセスと問題探知の仕組みを設けており、お客様、行政当局、消費者団体等からの指摘など、万が一当社の宣伝活動に問題が確認された場合にはその内容を変更しています。

なお、当社の宣伝活動においては、2019年度に景品表示法に定める不当表示等に該当するとして行政処分に至った事例はありませんでした。

責任ある宣伝活動を続けていくためには、社内における広告表示上の倫理意識の向上が大切です。当社では広告表示倫理に関する定期的な集合研修やe-Learningを実施し、関連法令や業界で定めた広告表示ルール、社内規定等に関する理解を進めています。

さらに、責任ある宣伝活動のレベルアップを図るため、広告活動の健全な発展を目指す「公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(JAA)」に参加し、参加企業や有識者との対話から得られた知見を当社の宣伝活動にフィードバックしています。

関連情報

健全なインターネット社会実現のために、普及・啓発に取り組む「安心ネットづくり促進協議会」に参加しています。

安心ネットづくり促進協議会