IoT

あらゆるモノがつながる世界

IoT

あらゆるモノがつながる世界

ヒト・モノ・コトがネットで
つながり、生活もビジネスも
さらに豊かに

INNOVATION

ソフトバンクが
「IoT」で起こす革新

パソコンやスマートフォン、タブレットだけでなく、私たちの身近な家電製品、工場内のデバイスなど、あらゆるモノがネットにつながるIoT時代。ソフトバンクはネットにつながる「端末」と「サービス」の双方を提供し、新たな暮らしを実現します。

  • エンコアードジャパン株式会社
    エネルギーIoTサービス

    ENERTALK

    家庭内のエネルギービッグデータを解析し、節電アドバイスを実現

    グローバル市場でエネルギーデータのリアルタイム分析を活用したプラットフォームサービスを展開する米国 Encored, Inc。同社の日本法人に出資し、国内でのエネルギーIoTプラットフォーム事業を推進。宅内設置型のIoT機器「ENERTALK(エネトーク)」を通じて電力情報などを取得し、利用者の生活パターンを分析・予測することで、効果的な節電アドバイスをします。また「ENERTALK TOUCH」を活用した家族の見守りや熱中症予防など、多彩なサービスを提供し、より便利で快適な暮らしの実現を目指しています。

  • ALES株式会社
    誤差数センチメートルの測位を実現

    位置補正情報生成・
    配信サービス

    高精度な測位で自動運転などをサポート

    衛星測位に関する技術知見を持つイネーブラー株式会社との共同出資により設立したALES株式会社。同社は、誤差わずか数センチメートルの測位を実現するための「位置補正情報生成・配信サービス」 を提供しています。全国3,300カ所以上に設置しているソフトバンクの独自基準点が受信した信号を基に、「測位コアシステム」で補正情報を生成し、この補正情報とGNSS(衛星測位システム)から受信した信号を活用することで、高精度なRTK測位を実現。バスや農機の自動運転や運転アシスト、ドローンの高精度な自動制御による建設現場の管理など、各産業での実用化を進めています。