IoT

ソフトバンクが変革する「IoT」

今や、インターネットにつながる端末はPCやスマートフォン、タブレットだけではありません。
私たちの身近な家電製品、あるいは工場内のデバイスなど、
あらゆる「モノ」がネットにつながり、これまでにない価値を生み出しつつあります。
そこで重要なのは、ネットにつながる端末そのものと、提供されるサービスです。
ソフトバンクはその双方を提供することで、IoT時代の新たな生活・ビジネスを実現しようとしています。

エンコアードジャパン株式会社

蓄積した家庭内のビッグデータを
AIを用いて解析
節電アドバイスや見守りを実現

エンコアードジャパン株式会社

グローバル市場で約10万世帯に、電力使用量などをリアルタイムに分析する技術を活用したプラットフォームサービスを提供している米Encored, Inc。ソフトバンクは同社の日本法人に出資し、エンコアードジャパンとして事業を行っています。エンコアードのサービスの特徴は、宅内設置型のIoT機器を通じて電力情報などを取得、利用者の生活パターンを分析・予測し、日々の暮らしをより便利に、快適にすること。日本でもパートナー企業と共に、効果的な節電アドバイスや家族の見守りなど、多彩なサービスの提供を始めています。

handy Japan株式会社

ホテルでスマホを無料貸し出し
多言語の観光案内などをお届け

handy Japan株式会社

ホテルのフロントや客室で、無料貸し出しのスマートフォンを見かけたことはありませんか?
ソフトバンクが出資しているhandy Japan Holdings Company Limitedの事業子会社であるhandy Japan株式会社が手掛ける「handy」も、そうしたホテル設置型スマートフォンレンタルサービスの一つです。宿泊客はこのスマートフォンを無料でレンタルでき、インターネット接続や通話はもちろんのこと、多言語による周辺の観光案内などの各種サービスを利用できます。資本・業務提携を通じ、レンタルスマートフォンのルームキー(スマートロック)への応用や、宅配・配車サービスとの連携、VR(仮想現実)やVoD(ビデオオンデマンド)サービスの提供など、さらなる展開も計画されています。

他の事業を見る

  • 通信

    通信

  • セキュリティ

    セキュリティ

  • クラウド

    クラウド

  • AI

    AI

  • IoT

    IoT

  • ロボット

    ロボット

  • フィンテック

    フィンテック

  • シェアリング

    シェアリング

  • モビリティ

    モビリティ