自動運転の記事一覧

スマートモビリティを羽田から世界へ。⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA」の定常運⾏がスタート

2020年9月18日、国⼟交通省からスマートシティのモデルプロジェクトに選定された、羽田空港に隣接する「HICity」において、⾃律⾛⾏バス「NAVYA ARMA (ナビヤ アルマ)」(仏Navya社製)の定常運⾏がスタートしました。当日の運行開始セレモニーの模様と、…

明けない夜はない。国内初のハンドルがない自律走行バスのナンバー取得に賭けた担当者奮闘記

2019年6月27日、車両の新規登録(ナンバーの取得)を発表。同年10月開催の「CEATEC 2019」では千葉市美浜区の公道を走行した 「夜明け前が一番暗い」という言葉がありますが、これは前例のない新しいことに挑戦している時に、誰しも感じることかもしれません…

物流の未来へ。ソフトバンクの「トラック隊列走行」実用化への挑戦

ソフトバンクは5G通信を使用したトラック隊列走行の実証実験を実施し、車間距離自動制御を行うことに世界で初めて成功しました。この実証実験で5Gの通信技術がどのように活用されているのか解説します。

豊田社長がサプライズで登場! 「MONETサミット」開催レポート

ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社の共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、以下「MONET」)は、全国の地方自治体や企業向けに、MONETの今後の事業展開や新たな取り組みなどを紹介するイベント「MONETサミット」を…

豊田市とMONET Technologies株式会社が業務連携協定を締結。誰もが安全・快適に移動できるまちづくりを推進

ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が次世代モビリティーサービス構築のために設立したMONET Technologies株式会社。そのMONETが、2019年3月6日に豊田市と業務連携協定を締結しました。豊田市役所で行われた締結式の模様などをご紹介します。

自動運転向けの地図を効率的に作る鍵は「通信」にあり。実証実験を見学してきました!

2019年1月18日、神奈川県鎌倉市で、ダイナミックマップ基盤株式会社とソフトバンク株式会社による自動運転向け高精度3次元地図に関する実証実験が行われました。実証実験の様子を見学してきたのでレポートします!

自動運転

人工知能が周囲の状況を判断し、自律的かつ安全に自動車を運転すること。日本政府や米国運輸省道路交通安全局が自動化のレベルを0~5の6段階で定義しており、レベル3~5までが高度な自動運転の領域となっている。

未来のクルマは生活を変えて、地方も救う!? 自動運転の技術が解決できる課題をITライターが予想してみた

自動車やバス、タクシーが自動運転車に変わろうとしていますが、まだ全貌は知られていません。自動運転とは何か、私たちの生活にクルマがどのように関わるのか、ITライターが未来の予想を交えて解説します。

運転席がないバス!? 丸の内で自動運転を体験してきた!

世界各国の自動車メーカーやIT企業などが実用化に向けて取り組んでいる「自動運転」の技術。研究施設など限られた場所で実証実験が行われていて、まだその技術を体感できるチャンスはなかなかありませんよね。 そんな中、公道で自動運転バスの試乗会が開催さ…

若き社長が目指す自動運転の未来 ソフトバンクの自動運転、その勝算は SBドライブ株式会社

佐治 友基 略歴を見る いつでも行きたい場所へ——。高齢者や障がいを持つ人はもちろん、全ての人々が自由に、安価で、安全に移動できる世の中にしたい。そんな思いから、先進モビリティ株式会社との合弁会社「SBドライブ株式会社」が生まれました。 今回は30…