多様な社会への対応自分らしく輝き続けられる
社会を目指して

多様なライフスタイルや価値観を受け入れ、変化していくことが求められる現代。
その中でも、日本などの先進国で加速している高齢化に対応するため、
新しい情報技術の発展や、社会の仕組みづくりが必要となっています。

シニア世代が快適に過ごすために情報技術でサポートできないか。
AIやスマートロボットで、介護や生活に不安を抱える人々を支えたい。

私たちが持つ、情報技術の強みを生かしながら、
一人一人がいつまでも自分らしく生活できる環境づくりを目指します。

シニア層と
地域社会をつなぐ懸け橋に

年齢問わず、心身ともに健康で自分らしく快適に過ごせる社会をつくりたい。IoTやスマートロボット、自動運転技術などにより、シニアの方々が地域社会と直接的、間接的につながりを持ち続けられる社会づくりを目指します。

移動における社会課題の
解決や新たな価値創造に向けて

MONET Technologies株式会社

MONET Technologies株式会社は、自治体や企業と連携して「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」の展開に向けて取り組みを行っています。2019年3月にはモビリティ・イノベーションの実現に向けた「なかまづくり」の一環として、企業間の連携を推進する「MONET コンソーシアム」を設立しました。多様な業界・業種の企業(サービス事業者)と一緒に自動運転を見据えたMaaS(Mobility as aService)事業開発などの活動を行っており、次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指しています。

豊田市とMONET Technologies株式会社が業務連携協定を締結。誰もが安全・快適に移動できるまちづくりを推進

豊田社長がサプライズで登場! 「MONETサミット」開催レポート

自動運転技術を活用した
新しい移動手段を

TOMODACHI NAVYA ARMA

SBドライブ株式会社は、高齢者や障がいがある方はもちろん、全ての人々が自由に、安価に、安全に移動できる社会づくりを目指し、自動運転技術を活用したモビリティサービスの事業化に向けて取り組んでいます。自動運転車両による路線バスの運行は、運転手不足や路線維持などの交通事業者が抱える課題の解決や、高齢者などの移動を支援する手段の一つとして期待されており、自動運転バスの実用化に向けた取り組みを行っています。

運転技術を使った次世代モビリティサービスで人々の生活に貢献する。(SBドライブ株式会社)

運転席がないバス!? 丸の内で自動運転を体験してきた!

シニア世代の方が使いやすい
サービスを提供する

TOMODACHI シニア世代の方が使いやすいサービスを提供する

シンプルで分かりやすい操作性に配慮し、初めての人でも簡単に安心して使えるシニア向けスマートフォンを提供しています。
“ソフトバンク”が発売した「シンプルスマホ4」では大画面ディスプレーに大きなボタンや文字を表示するなど見やすさと使いやすさに加え、ボタンを押すだけで音声検索ができるため、道案内や乗り換え案内などをすぐに調べることができ、アクティブシニアの生活がより便利で豊かになるようサポートしています。

“ワイモバイル”が発売した「かんたんスマホ」ではシニアが必要とする操作性や機能に加えて、スマホの操作で困った場合に起動するだけで内容を検知して解決する機能「押すだけサポート」を搭載しています。解決できない場合は、専任のオペレーターに無料で直接電話相談ができるため、スマホの操作に自信がない方でも安心して使うことができます。

[注]
  1. 京セラ株式会社およびソフトバンク株式会社が、それぞれ特許出願済みです。

スマートフォンを活用し
高齢者の見守り支援

オレンジセーフティネット

厚生労働省が取り組んでいる広域での認知症高齢者等見守り事業に協力するにあたり、全国キャラバン・メイト連絡協議会と連携し、スマートフォンを活用した全国横断的な認知症高齢者の見守り支援サービス「オレンジセーフティネット」(以下「OSN」)のスマートフォン専用アプリケーションを提供しています。認知症サポーターなど、認知症高齢者等見守り・徘徊SOSネットワーク事業の協力者のスマートフォンにOSNをインストールし、OSNの機能を活用することで認知症高齢者の方の見守りを支援するサービスです。

[注]
  1. 認知症サポーターを養成する「認知症サポーター養成講座」を開催する、厚生労働省の外郭団体。

    http://www.caravanmate.com/