企業の義務と責任ソフトバンクだからこそできることを

私たちは、情報革命で社会や人々の生活に最も貢献し、信頼される企業を目指しています。

社会の一員として、また情報革命を牽引する企業としてあるべき姿とは何か。
私たちだからこそできる社会貢献に取り組みたい。

健全な事業活動を通して、持続的に社会課題を解決していくための指針や仕組みを構築し、
誰もが活躍できる社会の実現へ貢献していきます。

  • CSR基本方針

    CSR基本方針

    持続的な成長への礎としてステークホルダーの皆さまとより深い信頼関係を築くために、CSR(企業の社会的責任)の指針を定めています。

  • マネジメント体制

    マネジメント体制

    社会的責任を全うする企業として、経営の健全性・透明性を確保し事業を継続していくこと。適正な企業体制の維持・向上に努めています。

  • ステークホルダーとの関わり

    ステークホルダーとの関わり

    私たちの事業は、お客さま、株主さま、取引先、従業員など多くのステークホルダーとの関わりの下、成り立っています。全てのステークホルダーを大切にし、共に歩み続けます。

社長メッセージ

今から10年前の社会は、一体どのような社会だったのでしょうか。スマートフォンが発売されたのもこのころでした。発売時、多くの人々は、10年後にスマートフォンが私たちの生活には必要不可欠な存在になるとは想像しなかったことでしょう。今、私たちの身の回りには数えきれないほどのテクノロジーが溢れています。この先も想像もできない速さで発展を遂げ、私たちの生活は変わっていくでしょう。
私たちは、その社会を見据えて「Beyond Carrier」という戦略を掲げています。「Beyond Carrier」それは、今まで以上にお客さまとの深い信頼関係を構築するため、通信キャリアとして培ってきたノウハウと、情報革命をけん引する企業だからこそできるAIやIoTなどさまざまな最先端テクノロジーを活用し、新たな価値を提供すること。そして、社会が抱えている課題を解決することで、全ての人々が自分らしく幸せに暮らすことができる社会づくりに貢献したいと考えています。

ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙

ソフトバンク株式会社
代表取締役
社長執行役員 兼 CEO
宮内 謙

私たちだからこそできる取り組み

  • 安全・安心への配慮

    健全なインターネット社会に向けて

    情報通信事業も担う責任として、誰もが安心・安全にスマートフォンやインターネットを使用できる環境を整えたい。子どもたちに適切な使用を促すための啓発活動や、より健全に利用できる環境づくりに取り組んでいます。

  • ダイバーシティ社会の実現

    誰もが自分らしく活躍できる社会を目指して

    障がいやさまざまなバックグラウンドを持つ方々の暮らしを、より便利で楽しく豊かなものに変えていきたい。多様な人々が活躍できるダイバーシティ社会の実現に貢献していきます。